ホーム >  タイル百科事典 >  タイルの工法

タイルの工法

目次


手張り工法(湿式工法)

あらかじめ設けられた下地に、モルタルを使ってタイルを張付けていく工法

張付けモルタルをタイル側に塗布する工法

積上げ張り
(だんご張り)
タイルを一枚一枚、壁面の下部から上部へ、積上げるように一段づつ張付ける。最も古くから行なわれている。
改良積上げ張り 下地とタイル裏面の間にすき間なく密着するように考えられた張り方。積上げ張りにくらべて白華(エフロエッセンス)が発生しにくい。
マスク張り モザイクユニットタイルの裏面に所定のマスクをかぶせてモルタルを塗りつけ、タイルを1シートづつ張付け、たたき板を用いてたたき締めるる。ばらつきの小さい良好な接着力が得られる。

張付けモルタルを下地側、タイル側両方に塗布する工法

改良圧着張り モルタル下地に張付けモルタルを塗り、更にタイル裏面にも張付けモルタルを塗って、タイルを張付け、たたき板を用いて圧着する。

張付けモルタルを下地側に塗布する工法

圧着張り モルタル下地に混和材入り張付けモルタルを塗り、タイルをもみ込むように張り付け、たたき板を用いて圧着する。
モザイクタイル張り モルタル下地に張付けモルタルを塗り、モザイクタイルを1シートづつ張り付け、たたき板を用いてたたき締める。
密着張り
(ヴィブラート工法)
モルタル下地に張付けモルタルを塗り、タイルを張付け、振動工具(ヴィブラート)を用いて振動を与え、張付けモルタルをタイル裏面全体に廻らせる。

先付け工法

型枠先付け工法

建設現場で型枠の内側にタイルを取り付け、コンクリートの打設とともにタイル仕上げを行なう工法

タイルシート法 多数のタイルを合成樹脂シートなどで連結し、釘やステーブルなどで型枠に取り付け、コンクリート打設後シートなどのユニット材を取り除く。
目地ます法 型枠に発泡スチロール製の目地ますを取り付け、これにタイルをはめ込む。コンクリート打設後目地ますを取り除く。
桟木法 大型タイルや特殊な形のタイルに適用される。タイルのデザインに合わせて桟木を型枠に取り付け、これに沿ってタイルを配列する。

PC板先付け工法

PC板製造工場でタイルとコンクリートを一体で打ち込んだパネルを作成し、現場でファスナーを使って鉄骨に留め付ける工法。薄いPC板を作り、これを外型枠として現場でコンクリート打ちをするオムニア板先付け工法も行なわれている。

タイルシート法 多数のタイルを合成樹脂シート、紙などで連結し、合成糊や粘着テープなどで型枠に取り付け、コンクリート打設後シートなどのユニット材を取り除く。
タイル単体法 ゴム製の目地ますを型枠に取り付けておき、タイルをはめ込む方法(目地ます法)と、タイルを型枠ベッド面に配列しながら仮目地材を置いていく方法(置き目地法)がある。
大型タイル絶縁工法 600角を超える特に大きなタイルに適用される。あらかじめ穴加工されたタイルに特殊ボルトをセットした後、コンクリートを打設する。タイルとコンクリートを絶縁するため弾性エポキシ系裏面処理材などが使われる。

乾式工法

モルタルを使わずに、金具やビスまたは有機質接着剤などを使ってタイルを張付ける工法

接着剤張り 張付けモルタルの代りに有機質接着剤を使って張付ける工法(内壁に適用される)下地に接着剤を塗り、タイルをもみ込むように張り付け、たたき板を用いてたたき押える。適用できる下地の範囲が広く、モルタルからボード類まで採用できる。
住宅外壁接着剤張り 木造住宅の外壁に接着剤を使ってタイルを張る工法。目地詰めタイプと目地詰めの要らないタイプがある。

タイル単体法

タイルにあらかじめ設けられた穴を通して釘止めする工法や専用の下地(金属パネルやフック式のもの・レール式のものなど)にタイルをはめ込んだり、引っ掛けたりして取り付ける工法

住宅外壁乾式工法 ベースサイディング(専用の下地)の凸部にタイルを引っ掛けて接着剤で固定する方法。住宅の外装を対象に開発され、目地を詰めて仕上げる「目地詰めタイプ」と目地詰めの要らないタイプがある。
スリットファスナー工法(内・外壁) 上下こば面に溝加工をした大型タイルを専用のステンレスファスナーを使って留め付ける工法。
レール工法(内壁) 上下こば面に溝加工をした大型タイルを専用のアルミレールを使って留め付ける工法。
弾性接着剤張り工法(内壁) 荷重受け金物で重さを支えながら、弾性接着剤を使って大型タイルを張付ける工法。
ファスナー工法(内・外壁) 上下こば面に穴加工をした大型タイルを専用の連結ピンを使って留め付けていく工法。丸柱など曲面に用いる。
ATH(アスロックタイルハンギング)システム アスロック(押出成形セメント板にタイル取り付け用の特殊形状リブを取り付けたもの)に現場でタイルをはめ込む工法。

パネル工法(外壁)

工場でタイルと一体化させたパネルを製造し、現場で取り付ける工法

押出成形セメント板タイルパネル セメントに混和材料を加え押出成形した中空パネルに工場でタイル張りしたもの。躯体に取り付けられたアングルにボルト接合で取り付ける。
ALCタイルパネル ALC(軽量気泡コンクリート)パネルに工場でタイル張りしたもの。躯体に取り付けられたアングルに専用金具で取り付ける。
自立式タイルパネル スタッド、ボード、タイルを一体にしたタイルパネルで、下部を床面に固定し、上部はタイル同士を連結することによって、タイルパネルだけで四方の壁を構成し、部屋として自立させる方法。
イナパネット(INAX) 特殊セメント板と内装用壁タイルを工場で接着剤で一体化させた軽量タイルパネル。釘や接着剤で壁面に取り付ける。

コメントは受け付けていません。