ホーム >  タイル百科事典 >  タイルのお手入れ

タイルのお手入れ

目次


キッチン

タイル 目地
汚れの原因 油や調味料などが付着し汚れの原因になります。
お手入れ 通常のタイルの汚れは水拭きで落とせますが、ひどいときは、中性洗剤を含ませたスポンジで拭き取ってください。 使い古しの歯ブラシなどに洗剤をつけ、軽くこすってください。目地が黒ずんできたときは、漂白剤入りの洗剤をつけて目地を洗います。漂白剤がはいっているので、洗ったあとそのまましばらくしてから水洗いします。それでも落ちない汚れは、漂白剤を塗りつけておくとたいていの汚れはとれます。
ご注意 金属たわしや研磨剤入りクレンザーなどはタイル表面を傷つけるおそれがありますので、使用しないでください。
スポンジや歯ブラシでこする場合も、あまり強くこすらないでください。

浴室・洗面所

タイル 目地
汚れの原因 皮脂(アカ)、湯垢、石鹸かす、シャンプーの泡などがつきます。 換気が悪かったり、アカや石鹸かすなどが付着してカビが発生します。
お手入れ 浴室用中性洗剤などを使用し、スポンジやナイロンブラシで拭いてください。
頑固に付着したときは、液体クレンザーを使って根気よくこすってください。
日ごろのこまめなお掃除が有効です
かびが発生してしまったら、漂白殺菌作用のある塩素系洗剤で拭き取ってください。
入浴後に洗い流し換気を行うことが一番のかび予防になります。
さらに、消毒用アルコ-ルを塗っておくと予防効果があがります。
ご注意 液体クレンザーを使ってこする場合は、あまり強くこすらないでください。また、掃除後は、クレンザーが残らないようによく洗い流してください。
ヘアピンやカミソリを置きっぱなしにすると“もらいサビ”で汚れることがあります。
酸性系洗剤は、強力なためタイル及び目地を傷めないように薄めて使用してください。また、洗剤の取り扱いは説明書に従い複数の洗剤の混合を行わず、換気に注意して行ってください。

トイレ(床タイル)

汚れの原因 飛散尿などにより雑菌の繁殖、悪臭の発生、黄ばみ汚れが発生します。
お手入れ 日常のこまめな掃除が一番の予防となりますが、汚れた場合は、トイレ用酸性系洗剤や漂白剤を用いて掃除してください。
ご注意 酸性系洗剤は、強力なためタイル及び目地を傷めないように薄めて使用してください。また、洗剤の取り扱いは説明書に従い複数の洗剤の混合を行わず、換気に注意して行ってください。

玄関

汚れの原因 ほとんどの汚れは、履物について持ち込まれた泥土が原因で発生します。
お手入れ ホウキで土埃りを取り除いてから、よく絞った雑巾で水拭きしてください。汚れが取れにくい場合中性洗剤やクレンザ-を使ってこすり取ってください。また、床タイル用ワックスを塗布しておくと汚れがつき難くお掃除が楽になります。
ご注意 集合住宅の場合など防水処理がされていないことが多く、水をまくと階下へ水漏れしてしまうので注意してください。少しの水拭きで充分です。

外壁

適切な施工をした外壁タイルは汚れを水洗いする程度で十分です。
稀に、次のような現象が起きることがあります
白華現象(エフロエッセンス)

タイル 目地
汚れの原因 タイルの背面に雨水などが入ることにより、張付けモルタルに含まれる水酸化カルシウムが溶け出し、それがタイル表面に流れ出てくるものです。 防水性の低い目地材を使用した場合、タイルや目地がひび割れ・欠落した場合、パラペット上部の水仕舞が不十分でそこから水が浸入する場合などがあります。
お手入れ 稀塩酸で洗うと、比較的簡単に除去できますが、しばらくするとまたあらわれます。稀塩酸で洗って充分水洗いして乾いたあと、シリコンなどの防水剤を表面に吹付けるか塗りつけておくと、当分はあらわれることがありません。ただし防水剤の効果の持続期間は限られていますから、ときどき塗りなおす必要があります。

簡単なタイルのひび割れ

タイル 目地
補修法 ヒビ部分にエポキシ剤をすりこみ表面をふきとってください。 補修部分を充分乾燥させた後タイル用目地セメントで補修してください。
バスタブ及び窓枠等とタイルの間の亀裂には、シリコ-ン系の弾性目地材を使って補修してください。この時、補修個所を充分に乾燥させてください。
ご注意 タイルの色に合ったエポキシ剤の色を選んでください。 周辺の浮いている目地もマイナスドライバ-等を使ってかきとってから目地入れを行ってください。

コメントは受け付けていません。