ホーム >  ホームページ作成支援

ホームページ作成支援

スマートフォンが普及し、いよいよ情報はインターネットで収集する時代になりました。
「○○をどこかに頼もう」と思った時、お客様はまずインターネットで情報を収集するため、
ホームページを持っていない企業はそれだけで候補から除外されてしまいます。

日タ煉では、会員の皆さんが広くお客さまを獲得する方法の一つとして、ホームページの制作をお勧めしています。
しかし、実際にはどうやって作ればいいのか分からないという方が多いことと思います。
「日タ煉 ホームページ制作サービス」は、複雑なホームページをパッケージ化することで、低価格で、しかも効果の高いホームページを作ることができるようにしました。
もちろん、日タ煉サイトからのリンクも完璧ですので、新規のお客さまの獲得率もアップが見込めます。



御存知ですか?多くの自治体が企業のホームページ作成に助成金を用意しています

現在、多くの自治体が企業のホームページ作成に助成金を用意しています。
これらの助成金制度は、新しくホームページを開設したり、 既にあるホームページをリニューアルする際に必要経費の一部を助成・補助するものです。

ホームページを作りたいと思っていても、その費用の捻出は経営者様には頭の痛いところ。
そこで、安価なプランに更に助成金を利用することで実質的なご負担を減らせば、 大きな費用をかけることなくホームページを持つ事ができます。


助成金制度の例

自治体 補助内容 詳細
東京都港区 対象経費の1/2 上限50,000円 ホームページ
東京都豊島区 補助対象経費の2分の1以内で、上限5万円(千円未満は切り捨て) ホームページ
東京都葛飾区 経費の2分の1 限度額:5万円 ホームページ
東京都練馬区 経費の2分の1以内で、上限4万円(千円未満切捨て)。 ホームページ
東京都江東区 補助対象経費の2分の1以内で、5万円を上限 ホームページ

平成25年10月1日現在の情報です


例として東京都各区を取り上げましたが、各地の自治体が同様の「中小企業が販路を広げるためのホームページ作成」に助成金制度を用意しています。


ご予算のシミュレーション

一般的なホームページの制作例

  • トップページ
  • 事業内容・サービス内容を案内するページ
  • 会社概要
  • お問い合わせのページ(メールフォーム)

デザインは既存のものから選択していただくタイプ

助成金を利用せずに制作した場合のご予算:10万円程度

助成金を利用して制作した場合の実質ご負担:5万円程度

自治体によって条件は異なりますが、この制度を上手く利用すれば、事業主様は本来の費用の半分程度の負担でホームページを持つことが出来ます。

自治体によっては、年度内に給付する件数が予め決まっているところもありますので
どうぞお早めにご相談下さい。


お問い合せはこちらから

お客様の情報

は必須項目です

お名前(ご担当者名)
お名前(フリガナ)
メールアドレス
会社名
郵便番号
都道府県
住所
電話番号
FAX番号

お見積りをご依頼いただく内容について

事業形態
制作内容
ご予算
サーバーのご用意
独自ドメインの有無
原稿のご用意
制作する上で重視する点

その他にご要望・ご質問等があればお聞かせください。


コメントは受け付けていません。